○ プロフィール

ミミズク

Author:ミミズク

○ 作品アルバム
○ 最新記事
○ 月別アーカイブ
○ カテゴリ
○ 最新コメント
○ FC2カウンター




○ リンク
○ 色辞典
この色の名前は?
○ blogram
blogram投票ボタン
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
grems
木を大切にしよう

--/--/--//-- * --:--
○ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/08/25//Wed * 21:53
○ 次は刺繍です ピンクッションの作成


こんにちは

ベビー・ボネの作成が終わって、
次は何を作ろうか…と思っていたところ、
ピンクッションにコーヒーをかけていまい、ダメにしてしまいました
ひゃ?

という経緯で、
必然的に、ピンクッションを作ることにしました

クロッシェレースにしようかとも思ったのですが、
先日手に入れたコレを使いたくなり、刺繍することにしました

コレ

Posted using Mobypicture.com 



越前屋オリジナルの刺繍糸、マタルボン。
他の刺繍糸と一目で判る違いは、艶の無いマットな質感です。
そのためか、
色味が、鮮やかだけれどホンワリと柔らかい感じがします。
1筋が8本取りなので、カセの見た目がふっくらしていて可愛い
カセを留めている紙の帯も、
何気なく可愛いんです。


Posted using Mobypicture.com



実際に刺してみると、
ほど良い艶があって、落ち着いた質感があります。



Posted using Mobypicture.com


Posted using Mobypicture.com

まだ下刺しが終わっただけの状態。
自分のイニシャル、Aの図案は、アンティークの図案から。

白い布に刺しゅうをすると、
チャコの色がなかなか落ちないのが悩みだったのですが、
”白糸刺繍をする時の下絵は、Hや2Hのごく芯の固い鉛筆で書く”
という記述をどこかで読みました。

それ以来、Hの鉛筆で下絵を付けています。
黒い色が糸に移るのでは?
と心配していたのですが、
そういう事は無かったです。

白いチャコで下絵が付けられるのが一番ですが、
絵心の薄い私にとっては、今のところベストの方法かも



にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 Tatting note all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。