○ プロフィール

ミミズク

Author:ミミズク

○ 作品アルバム
○ 最新記事
○ 月別アーカイブ
○ カテゴリ
○ 最新コメント
○ FC2カウンター




○ リンク
○ 色辞典
この色の名前は?
○ blogram
blogram投票ボタン
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
grems
木を大切にしよう

--/--/--//-- * --:--
○ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/09/23//Wed * 01:36
○ 半端糸の再利用と ”手縫い糸でタティング”の続き



私は熟練してないので、半端な糸の余りをたくさん出してしまいます曇2
糸替えを沢山しなきゃいけないのが辛いので、糸巻きに巻き取っておくんですが、タティングほど糸替えが億劫でない(個人的な感覚です)クロッシェで小物を作るのにまわしています。

こんな感じで。
chou-chou1.jpg
chou-chou2.jpg

シュシュですが、エジングをクロッシェ編みしました。梯子レース系で、かがり付けるのが楽チーン!
布はリバティプリントの端切れで、同系色の余りビーズをくくりけました。なんだかドングリがくっついてるみたい…。そして、ちょっと長すぎたエジングを、なんとなくクルリと。
サイズは大きめ。布を、20cm×50cmでとりました。ちょっと大きめのベーグルくらいになりました。
前はクロッシェが中心だったんだけど、タティングに熱中するようになってたまにかぎ針を触ると、糸の絡め方や針の持ち方が分からなくなって混乱します。バグが発生したみたいに。
でも、糸を無駄にしないように、ちいちゃい物を工夫して作っていきたいなぁ。

そういえば、何年か前、まだウルルン滞在記が放送されてた時のことですから結構前ですね。
そのウルルン滞在記の、忍成修吾さんがフランスの銀細工工房にホームステイした回で見たのですが、忍成さんはそのお家のお母さんや周りの女性に
「Mon petit chou-chou!」(モン プティ シュゥシュゥ!)
と呼ばれていて、とても印象深かった。
「私のちいちゃなお気に入りちゃん!」
くらいの意味でしょうか。
さすがフランス。アムールの国薔薇
そして、そう呼ばせる忍成さん。素晴らしい魅力だと思いました。



それから、
手縫い糸でタティングの、続きです。
antique2.jpg
antique3.jpg
パターン:Antique pattern library /The Priscilla tatting boo(PDFです)
まだ途中。御覧の通り、有名メーカーのモノですらない糸です。
立体めいてまいりました。さて、何になるでしょうか…
この段を作り終えたら、また編図を載せようと思います。
ピコのつなぎ方などについて、説明されていない所が何箇所かあるので、まず手探りで作ってみるのみです。
スポンサーサイト



Comments on this preview ○    

○ 2009/09/23 07:24
クロッシェは未知の世界ですが
細かい時間のかかりそうな手仕事ですね!
シュシュのフチ飾りにするなんてステキ♪

そそ、タティングばかりやっていると
カギ針でバグが起こるのよくわかります。
少し前にひさびさにカギ針編みをやったら
左手の糸の掛け方が思い出せませんでした;重症です。

○ 2009/09/24 00:53
私も、左の小指にかける糸がどっち周りだったか、さっぱり忘れます!
頭が真っ白になってフリーズするというか…
編物って、体で覚えるものなんですね~。

写真がちっちゃいのでごまかしてますが、かぎ針のピコ作りがほんとは苦手ですv-532
ヒザ掛け作成なんてすごいです!
私はいっつも挫折しちゃいます~。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://7colorthread.blog63.fc2.com/tb.php/17-740753a3

[TOP]
copyright (C) 2006 Tatting note all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。