○ プロフィール

ミミズク

Author:ミミズク

○ 作品アルバム
○ 最新記事
○ 月別アーカイブ
○ カテゴリ
○ 最新コメント
○ FC2カウンター




○ リンク
○ 色辞典
この色の名前は?
○ blogram
blogram投票ボタン
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
grems
木を大切にしよう

--/--/--//-- * --:--
○ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/09/14//Mon * 00:36
○ 5n?1について

エヂング試作 もうすぐ完成

で書いた、謎の数列5n?1。(自分で書いておいてなぞって言っちゃ駄目だな)

あまりにも雑に記したので、何のことを表してるのかよくわからないと感じたので、もう一度詳しく書きます。
5n?1 は、

edging1-up
このエヂングを作る時だけに使える式です。

以前に書いたように、このエヂングは2段構成。

1段目はリングとチェインの単純な繰り返し。

2段目は三つ葉模様の集まった山と、単純リング・チェインの連なり。

ここでもう一つ写真を
edging_exp
書き込みで説明していますが、私はこのエヂングのモチーフの最小単位を、上の写真に示してるように考えます。(青い線で区切った、右側全部です。)

そして、2段目の、

リング・チェイン1つから始まり、三つ葉モチーフの集まり、それに続く三つのリング・チェイン、

までを、ひと山と考えます。

ただし、エヂングの終わりも、この写真に写っている端のようにして終了しなければいけません。
edging_arabesque

このように。

ちょっと小さくて見にくいですね!ごめんなさい。

ということは、一番最後の山は、連なる3つのリング・チェインのうちお尻の2リング分を作らないのです。

そのため、単純な足し算では1段目のリングの数を求めることができないのです。

という次第で、この数列を考えました。

5n?1

これはつまり、

この、2段目のひと山に対して1段目のリング・チェインのリングを何個作れば良いか、そのリングの数を計算する式です。

5n?1のうちの、n=山の数 です。

例)

2段目を10山分作るとき

5×10?1=49

なので、1段目のリングを49個作ればぴったり。

2段目を53山分作るとき

5×53?1=264

なので、1段目のリングを264個作ればぴったり


ということです。
長い割に、分かりにくいかも…私の説明力ではこれが限界です。

興味を持ってくださった方、分かりにくかったらごめんなさいませ?。

なお、自分で考えて作った式なので、モチーフの数え方などが正式なタティングレースの考え方と違うかもしれません。スミマセン!






にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments on this preview ○    

○ 2009/09/16 00:52
わかりました!!
そう言う事だったんですね。

確かに自分では分かっていても
説明するのって難しいですよね。
ありがとうございました♪

私のブログ、見に来てくださってうれしいです!!
タティングネタのときは
コメント残してくださると
もっと喜びます(笑)

○ 2009/09/16 02:54
こんな文章でわかっていただけたなんて!v-353
長々と、読んでくださってありがとうです。

もちろん また遊びに行かせてくださいね!今度はぜひコメントさせていただきますv-22









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://7colorthread.blog63.fc2.com/tb.php/6-f3aa942e

[TOP]
copyright (C) 2006 Tatting note all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。