○ プロフィール

ミミズク

Author:ミミズク

○ 作品アルバム
○ 最新記事
○ 月別アーカイブ
○ カテゴリ
○ 最新コメント
○ FC2カウンター




○ リンク
○ 色辞典
この色の名前は?
○ blogram
blogram投票ボタン
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
grems
木を大切にしよう

--/--/--//-- * --:--
○ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/02/02//Tue * 21:55
○ ローズ・ガーデン 5,6段目


ローズ・ガーデン 5,6段目が終了。

5,6段目は同じデザインなので一気に編みました。

5_6th.jpg 

アイロンをかけていないのでまたナミナミ。

整えながら進めようと思っていたのですが、以前にアドバイスを下さったとりさんから、めったに途中でアイロンをかけることはないと伺ったので、やはり私もそうしてみようと思います。

そして、糸始末について。

以前に挑戦して失敗してからすっかり忘れていた、”マジック・スレッド”。

その手があったと、再び挑戦したところ、

出来ました!

やり方は聖光院さんの本のとおりに、しかし、引き糸を長ーくしたところ、シャトルから抜け落ちずに、キチンと編み込めました。

以前に、失敗した時は、20センチ程度の糸を二つ折りにしてシャトルに巻き付けていたのですが、そこが間違いで、二つ折りにして20cmの長さということだったのでしょうか…。きっとそうだったのね

それと、エジングを長々と編んだことで少しシャトルの扱いに慣れたということもあるのでしょう。多分…そう思いたいな…

ともかく、引き糸をたるませずに編む事がコツだったのかも。

ボンドを使わずに済むし、見た目もきれいになるので、マジック・スレッドができるようになってよかったです。

m_s1.jpg 

#60のカタン糸60cmほどを二つに折って、15センチほどを残してシャトルに巻きつけてます。 

 

m_s2.jpg 

残している方の糸はじをおさえて、引き糸をたるませないようにシャトルの糸に添わせます。

あとは普通に編むだけ!いつもよりちょっとゆるめに。

 





ブログランキングへ
ブログランキング
スポンサーサイト



Comments on this preview ○    

○ 2010/02/04 02:44
このコメントは管理人のみ閲覧できます

○ 2010/02/04 14:38
ホッとしました☆せっかくのお気遣いを無駄にしてしまったかな…と心配になっていました。

とりさんのおかげで、マジックスレッドという方法があったのを思い出しましたv-22
私も、引き糸をシャトルに巻き付けるという原理がよく理解できませんでした!聖光院さんの「タティングレース 新しい世界」の方では、その方法は掲載されなくなっていましたね。
要は糸を一本編み込めれば良い!ということなんですね。

アイロンの件、了解ですv-21
タティングは、とにかく経験を積むしかない、という面が多分にありますね!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://7colorthread.blog63.fc2.com/tb.php/76-7996b9c5

[TOP]
copyright (C) 2006 Tatting note all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。