○ プロフィール

ミミズク

Author:ミミズク

○ 作品アルバム
○ 最新記事
○ 月別アーカイブ
○ カテゴリ
○ 最新コメント
○ FC2カウンター




○ リンク
○ 色辞典
この色の名前は?
○ blogram
blogram投票ボタン
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
grems
木を大切にしよう

--/--/--//-- * --:--
○ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/02/07//Sun * 01:02
○ シャトルの動かし方 イロイロ





ちょっと停滞気味のローズ・ガーデンのことはナイショにしておいて、タティングシャトルの操り方についておしゃべりします。

私が知っている、そして実際にやっているシャトルの動かし方は、


タティングレース―新しい世界タティングレース―新しい世界
(2006/12)
聖光院 有彩

商品詳細を見る


この本に従った、右手にシャトルを持ち左手の人差し指を上げて中指と薬指に糸を巻きつける方式です。

現在、日本では何種類のシャトル操作法があるのでしょうか?

youtube などでtattingと検索してみると、世界中の愛好家がアップしたデモンストレーションを見ることができますが、その中で見つけた違う操作法を2種類、載せてみたいと思います。
まずは、こちら。アメリカのTomさんのデモンストレーション。





シャトルを左手の甲へまわして、手前に引いてくるというやり方ですね。

この方式は、英国のタティング動画でも見られました。この動画の手順どおりに動かすと、聖光院さんの本が言うところの「後の半目」からの作り始めになります。

この方式でチェインを作る場合、左手の糸の巻き付けは、薬指・小指でないと編めないと思われます。




そして、お次もアメリカ。タイトルに"no flip …"とありますが、これはシャトルを動かす際にシャトルの糸を指で持ち上げる動作をしない方式、という事のようです。






スロー再生したくなるくらいの速さなので、ちょっと判りにくいかもしれないのですが。。

最初の動作では、もう一方のシャトルを糸に噛ませて固定していますね。

続いて、聖光院先生の本が言うところの「後の半目」(これは同じ動かし方)をつくった後、シャトルを左手の糸の下にくぐらせ、その糸とシャトルの糸のたるみの間を通して戻ってきます。

ちょっと、糸を持ちあげてるようにも見えますが…


こちらの映像は、同じ投稿者で違う角度から。左利きの方なのでちょっと混乱しちゃいますが、同じno flip方式です。






私がやっている方式は、聖光院さんが考案された新しいものだとは思いますが、この二つの方式は、新しいのか古いのか、メジャーなのかマイナーなのか、さっぱりわかりません。

そして、どちらの方式も聖光院さんの本とは作り目が逆の手順なので、独学の身では ???? だらけ、という感じなのですが、スプリットリングの時に使い分けたら楽かな?、と思いました。

あとは、ちょっと飽きてきちゃったとき、気晴らしで変えてみるとか



ところで、今回の記事で何が一番言いたかったのかといいますと、

二番目の動画の中でシャトルを操っている彼です!!

お顔はわかりませんが、大きな体とたくましい腕とその腕に施されたタトゥー

察するに、なかなかイカツいguyなのでは?!

いやはや!

そうですよね。手芸は女の人だけのものではないですものね!

驚きつつも、同じタッターとしてなんだか嬉しくなっちゃいました。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments on this preview ○    

○ 2010/02/08 22:22
コアなタティングの世界が展開されてて内容は???だったのですが,ミミズクさんの一番に言いたいことだけは私も納得!!(*´∀`*)
確かにいかついguyのようです。
日本のニットの貴公子とはかなり違いますねぇー。

それから指サックをしてることも分かりました。やっぱり擦れて痛いのかしら?

すみません。門外漢のとんちんかんなコメントで・・・

○ 2010/02/09 00:17
こんばんわv-22
そこを共感していただいてとってもうれしいですv-354
まるでハーレー乗りのような雰囲気。
広瀬先生とは全く違うタイプですね!実はワタクシ、広瀬先生の大ファンです。

あの指サックをはめてる所は、私も皮が厚くなってきてます!彼も痛いのでしょうね~v-355

りょう☆さんのコメント、いつもすごくうれしいですv-344同じ、レースを愛する同士ですし!
それに私自身まだまだタティング勉強中で、メガネをなくしたノビ太くんのような手探り状態で書いているのです~e-274

○ 2010/02/09 00:37
ミミズクさん、はじめまして。
タティングレースのカテゴリーに参加しているPortulaKaと申します。

ミミズクさんの作品、きれいですね~。
私は根気がないので、ドイリー1つ満足に仕上げられません。

ところで2つ目の動画、「あれ?声の太い女の人・・・?」と思ったら、男の人でしたね。本当、いかつい体で繊細なタティングをするなんて意外です。

これからの作品も楽しみにしています^^

○ 2010/02/09 11:24
はじめましてv-22
カテゴリー仲間なのですね!コメントありがとうございます。とてもうれしいです。

私も、いま編んでるドイリーをちょっと編んでは休み休みなので、なかなか進みません!困ったもんです!

タティング愛好家の幅は広いのですね~。どんな作品を編まれているのか気になります。

私も、Portulakaさんの素敵なバッグを見に、また遊びに行かせてくださいv-369









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://7colorthread.blog63.fc2.com/tb.php/84-0f792eae

[TOP]
copyright (C) 2006 Tatting note all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。