○ プロフィール

ミミズク

Author:ミミズク

○ 作品アルバム
○ 最新記事
○ 月別アーカイブ
○ カテゴリ
○ 最新コメント
○ FC2カウンター




○ リンク
○ 色辞典
この色の名前は?
○ blogram
blogram投票ボタン
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
grems
木を大切にしよう

--/--/--//-- * --:--
○ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/02/16//Tue * 01:21
○ またまたクロッシェレース 葡萄のドイリーとさざ波のドイリー



実は編んでいたシリーズ…シリーズ?
しばらく前に編み上がっていたのですが、仕上げをサボっていたドイリーたち。
やっと糊づけをしました。
といっても、手で何となく形を整えただけという…


まずは方眼編みの、葡萄のドイリー

                       grapevine.jpg

糸:ダイソー40番 生成り
編図:美しいレース3 オリジナルインテリアレース 主婦と生活社 より

約24cm四方

初めて編んだ方眼編みですが、編む調子が変わると幅がどんどん変わっていってしまって何度か編みなおしました。そして、三つ葉ピコの正しい編み方が分からず、適当にやってしまった!
方眼編みに挑戦したことで、自分がこんなにも編む調子がバラバラ!という事に気が付きました。なんとなく、な部分が多いという事ですね。思い出深いドイリーになりました。


そしてお次は、さざ波のドイリー(フィーリングで命名☆)

                       ripple.jpg

糸:ミルフローラ40番 白
編図:新レース編み全書 講談社編 より
直径約26cm

このドイリーは、張り出した目の大きいネット編みの部分に一目惚れをして編んだのですが、その部分こそが…!整えるのがとても難しかった。
諦めて、手でコネコネと広げました。無念…!
そして、またもや最終段で1箇所間違えた!無念…!!
この本、「新レース編み全書」はすでに絶版。(レース編みの本などは比較的早く絶版になってほんとに残念!)図書館の書庫に眠っていたのを借りました。
発行元はなんと、講談社!!
発行年は1981年。講談社がレースの本を出していたというのは、その頃、いかに人気のあった趣味であったかという事を偲ばせますね。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments on this preview ○    

○ 2010/02/16 04:28
ミミズクさん、クロシェも上手ですねぇ。
特に2つ目のドイリーは、繊細な感じでステキです。
私は何度かクロシェに挑戦したことがあるのですが、力の入れ具合が悪いのか上手くできません・・・。でもめげずに練習してみようと思います。


○ 2010/02/16 09:33
二つもいっぺんにステキな作品を見られるなんて!

葡萄のドイリー,ちょっとアンティークな模様で気に入りました。とってもステキです。編んでみたい!!
三つ葉のピコットもちゃんとできてますよv-218

下のドイリー,本田 君さんのデザインですね。その縁編みとピコットが物語ってます。v-254私の「ラビリンス」も・・・
編むのと仕上げはめんどうだけど繊細で美しい作品になりますよね。
私も1,2段内側にピン打ちしてひらひらは手で整えましたよ。
本田さんの作品は「きゃおきゃおの庭」のきゃおきゃおさんが過去にいくつか紹介されていましたよ。
建物もステキなブログです。

レース編み全書 私も1971版を持っています。講談社です。ほんとにたくさんの方がレースを編んでた時代があったようですね。

ちょっと興奮してたくさんおしゃべりしすぎました。だらだらとごめんなさい。

○ 2010/02/16 15:28
画質の悪い写真に大いに助けられてるんですよ~v-356
私も、あの2つ目のドイリーには一目ぼれv-353ネット編みがあると繊細さが増しますね。
クロッシェの力加減はほんとに微妙ですよね!タティングからクロッシェに移ると、ものすごく実感します。
でも、Portulakaさんならきっとすぐに上手くなりますよv-22

○ 2010/02/16 16:22
いえいえ!こうやっておしゃべりできるのがブログの良さですよね。

そのとおりです!!v-355
このデザインは本田 君さんでした。
そっか~!りょう☆さんの「ラビリンス・ドイリー」と、外周が似てますね。でも,気が付かなかった~!
見抜くとはさすがりょう☆さんv-352
りょう☆さんも、ヒラヒラは手で整えられたのですね。ピンを打つとそれぞれの山を均等に広げられなくて、どうしたもんか?!と思ったのですよね~。

葡萄の方は私も、少し古い雰囲気のところがいいな、と思って編みました。古いというか、こういうデザインの物がいっぱいあったな~と、懐かしいです。
よかったらぜひ編んでみてくださいv-290

レース編み全書 ということは、私が見た本の前のバージョンなんですね。
私の母や叔母も、外で働きながら当然のようにレースや毛糸を編んで洋裁もやって…という感じでした!
今もハンドメイドは廃れてませんが、人口は徐々に減っているのかなと感じますね。
私がレースを編んでいるというのも、同年代の友人たちにとっては珍しく感じるようです。
今の流行に合ったハンドメイドの本も可愛くて好きなのですが、絶版になってしまった古い本を見ていると、「これがいま流通してないのはもったいない!」とすごく思います。

私も長々と書いてしまいましたねv-356
「きゃおきゃおの庭」さんへ、ぜひ行ってみますね~v-22









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://7colorthread.blog63.fc2.com/tb.php/89-a088d3c4

[TOP]
copyright (C) 2006 Tatting note all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。