○ プロフィール

ミミズク

Author:ミミズク

○ 作品アルバム
○ 最新記事
○ 月別アーカイブ
○ カテゴリ
○ 最新コメント
○ FC2カウンター




○ リンク
○ 色辞典
この色の名前は?
○ blogram
blogram投票ボタン
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
grems
木を大切にしよう

--/--/--//-- * --:--
○ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/02/27//Sat * 00:43
○ 薔薇の生垣のボーダー



ローズ・ガーデンを抜け出して、薔薇の生垣の小道に行きました
何の事かと申しますと、モチーフつなぎが終わった途端、ローズ・ガーデンへのファイトが薄れてしまい、ちょっと寄り道をしてこんなものを作っていたという事なのですが…


                       rose_hedg2c.jpg

薔薇の生垣のボーダーです。
薔薇の花と葉からなるこの図案は、フィンランドの古いタティング本から。
ボーダーといっても、ほんの2モチーフ分だけですね
実はこのデザインがなかなか難しく、これを作るだけで2日もかかりました寄り道のつもりが迷い道。。
何度もほどいてやりなおしたので、糸も形全体がちょっとヨロヨロしちゃった。

アップで。


                       rose_hedge1.jpg

葉っぱ(に見えるかしら?)のリングの内側を刺繍糸のアブローダーでかがり、葉脈を表現しています。真っ白のアブローダー糸が無かったので、そこだけ生成り。
かがり方がお粗末でちょっと恥ずかしいですが、この葉脈のデザインに一目ぼれしてチャレンジ!

海外の古い本にはタティングにニードルワークを組み合わせたデザインが見られますが、現在日本語で出版されている本では見かけないような…ニードルポイントレースの知識が必要な分高度なのかもしれません。
私はヒーダーボーステッチを少しかじった程度なので、もちろん難しかったです☆
その他にも、お花の中心の小さなセンターリングや、葉っぱのラージリング、不規則な目数やジョインなど、難しかったな?。タティング技術の奥行きを垣間見たような気がします。身につけたいことが沢山。
挑んだことに意義のあった挑戦と思おう!

それにしても、タティングレースでこのように具象的なデザインは珍しいと思いました。
最初にも書いたのですが、このデザインはフィンランドの古い本に載っていたものです。といいますか、本をスキャンしてPDFファイルにしたものです。
フィンランド?!と、最初は少し驚きましたが、そういえばスウェーデンもレース・刺繍大国でしたね
その本では、今まで見たイギリス、アメリカ、フランスの、どの国とも違う独特のデザインが見られました。
もちろん、フィンランド語は分かりません!でも、すばらしく分かりやすい編図があったので編む事が出来ました。
インターネット上で海外のサイトから1冊分丸ごとダウンロードできたのですが、うっかりとお気に入りに登録し忘れてしまって、いまはURLを載せられません。再発見したらお知らせしたいです。







にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Comments on this preview ○    

○ 2010/02/27 05:03
これはまた可憐なバラv-254ですね~。
何度もほどいてやり直したとおっしゃってますが、とてもきれいにできてますよ~。

このようなデザインは初めて見ました。よく読んでみたらフィンランドの本からなんですね。
私も作ってみたいので、本当、そのURLを再発見したら教えてもらえるとうれしいです!

○ 2010/02/27 05:47
何度もすみませんe-330
ミミズクさんのおっしゃってた本に興味があって、インターネットで探してみたのですが、もしかしてこれかしら?

http://www.esnips.com/doc/2b6be616-1878-4ed1-a180-8f17e91744ee/fin_tatt

文は読めないのですが、26ページ目にミミズクさんの作ったものと同じものが載っていたので、これかな~?と思って。

○ 2010/02/27 12:35
こんにちは^^
いえいえ!何度でも大歓迎ですv-22
しかもこんなに素晴らしい情報を…!
この本です!!表紙も全く同じ、この本ですv-353
私は違う彩尾からダウンロードしたのですが、こちらの方が1冊分まとめてダウンロードできるので、こちらの方が利用しやすいですねv-344

見つけてくださってありがとうございます!
portulakaさんがこのファイルを手に入れられて本当に良かったです^^

○ 2010/02/27 20:36
タティングでこういった模様は初めて見ました。
点対称になっているデザインがほとんどだと思うのですが,このような薔薇もできるんですね。葉っぱもいい感じv-22

大好きな薔薇の模様でとっても気に入りました。
布のバッグとかポーチに付けてもよさそうですね。

○ 2010/02/27 21:23
うわー!すごい素敵♪ぜひ私もローズガーデンから寄り道してみたい小道だわ~♪ぜひぜひもう一度そのサイトを見つけてください♪とお願いしようと思ったら(笑)・・・どうやらPortulaKaさんが見つけてくださったようですね。
私もさっそく見に行ってきます!!!

○ 2010/02/28 00:40
私も、こういう具体的なデザインは初めて見てビックリしました!
りょう☆さんの仰るとおりタティングは幾何学的なものがほとんどなので、北欧の独特な発想だなぁ、とおもいました^^まさかこうやって葉っぱをつけるとは!

タティングには、ローズの名が付くモチーフが多くあるのですが、私もこれが一番薔薇らしくて好きです!
そうですねv-22布にアップリケしたり、カットワークのようにはめ込んだりするといろいろ楽しめそうです!

○ 2010/02/28 00:54
そうなんです!v-353
Portulakaさんのおかげで、お知らせすることができて本当に良かった!

ぜひぜひ、お散歩に行ってくださいませv-254
編図は最後の方にまとめてありましたよ^^
そして、タティングの他にマクラメ(おそらく)の技法も紹介してありました。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://7colorthread.blog63.fc2.com/tb.php/94-338608e4

[TOP]
copyright (C) 2006 Tatting note all rights reserved. [ template by *mami ]
//まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。